初心者でも簡単!WordPressをエックスサーバーへインストール!

WordPressをエックスサーバーへインストールしよう! WordPress

サーバーをレンタルし、独自ドメインを設定しました。

エックスサーバーでお得に独自ドメインを取得する方法!
WordPressでブログを始めるためにブログの置き場であるサーバーを借りた後、次にやることは独自ドメインの取得です。この独自ドメインをお得に取得できて、しかも無料でSSL化までできる方法があるんです!

でも、まだ設定したドメインにアクセスしても「このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません」と表示されるだけです。ここにブログを表示させるために、WordPressのインストールが必要となるわけです。

というわけで、次はいよいよWordPressをインストールします。

Kumagoro
Kumagoro

でもインストールって難しいんじゃないの?

今回エックスサーバーでサーバーをレンタルしたわけですが、エックスサーバーではこんなおじさんでもWordPressを非常に簡単にインストールすることができますのでご心配なく!

では始めましょう。

データベースを作成する

WordPressをインストールする前に、サーバーにデータベースを作成しましょう。

データベースはWordPressブログの中身を保存したりするのに必要になります。インストールの際に自動生成もできますが、悪意を持った者が攻撃のためにデータベース名を予測しやすくなるなど、セキュリティ的に問題があるので、手動で作成します。

MySQLデータベースを追加する

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

WordPressインストール1

データベースの「MySQL設定」をクリックします。

WordPressインストール2

MySQL追加」タブをクリックし、「MySQLデータベース名」にデータベース名を半角16字以内で入力します。

推測されやすいデータベース名をつけると、セキュリティリスクが高まります。自分にわかりやすく、他者に推測しにくい名前をつけてください。

入力したら「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPressインストール3

次の画面に「MySQLデータベースを追加しますか?」と表示されるので、データベース名を確認し、「追加する」をクリックします。

WordPressインストール4

MySQLデータベースの追加を完了しました。」と表示されるので、「戻る」をクリックします。

MySQLのユーザーを追加する

MySQLデータベースが追加されたら、次はデータベースのユーザーを追加します。

WordPressインストール5

MySQL一覧」タブをクリックし、データベースの一覧を表示します。アクセス権所有ユーザがまだ「ユーザーはいません」となっているのを確認します。

WordPressインストール6

MySQLユーザ追加」タブをクリックし、ユーザーを追加します。

まず「MySQLユーザID」を半角8文字以内で入力します。データベースにアクセスするためのユーザーIDになりますので、こちらも自分にわかりやすく、他者に推測しにくい名前をつけてください。

次に「パスワード」を半角8文字以上、16文字以内で入力します。「パスワードの確認」には、上で入力したパスワードを再度入力します。

入力が完了したら、「追加する」をクリックします。

WordPressインストール7

追加しようとするMySQLユーザIDが表示されるので問題ないか確認し、「追加する」をクリックします。

WordPressインストール8

MySQLユーザの追加を完了しました。」と表示されるので、「戻る」をクリックします。

WordPressインストール9

「MySQLユーザ」欄に今回追加されたユーザーが表示されているのを確認します。

WordPressインストール10

「MySQL一覧」タブをクリックし、「データベース」の「アクセス権所有ユーザ」に今回追加したユーザーが表示されていることを確認します。

これで、MySQLデータベースの追加と、ユーザーの追加が完了です。

Kumagoro
Kumagoro

これでようやくWordPressインストールの準備ができた。

yome
yome

そんなに難しくないから一気にやるのよ。

WordPressをインストールする

データベースの準備ができたので、次はいよいよWordPressをインストールします。

エックスサーバーにはWordPressを非常に簡単にインストールできる「簡単インストール」という機能があります。今回はこの機能を使ってインストールしていきます。

インストール情報を入力する

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

WordPressインストール11

メニューの下の方にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPressインストール12

インストール済みWordPress一覧」の設定対象ドメインに取得した独自ドメインが表示され、「現在、「(設定対象ドメイン)」ドメインには「簡単インストール」機能から追加されたWordPressはありません。」と表示されているのを確認します。

WordPressインストール13

WordPressインストール14

WordPressインストール」タブをクリックし、設定対象ドメインへWoedPressをインストールするための情報を入力します。

  • サイトURL:プルダウンから設定対象ドメインを選択します。今回はルートディレクトリにインストールするので「/」より後ろは入力しません。
  • ブログ名:ブログの名前を入力します。ブログ名は後から変更できるので、仮の名称でもOKです。
  • ユーザー名:Wordpressにログインするためのユーザー名を入力します。自分にわかりやすく、他者に推測しにくいものにしてください。
  • パスワード:Wordpressにログインするためのパスワードを入力します。自分にわかりやすく、他者に推測しにくいものにしてください。
  • メールアドレス:WordPressからの通知を受信するメールアドレスを入力します。
  • キャッシュ自動削除:「ONにする」をチェックしておきます。
  • データベース:先にデータベースを作成したので「作成済みのデータベースを利用する」をチェックし、作成したデータベース名データベースユーザ名データベース用パスワードを入力します。

入力が終わったら、「確認画面へ進む」をクリックします。確認画面では「以下の内容でWordPressをインストールしますか?」と確認されるので、内容を確認してから「インストールする」をクリックします。

「インストールする」をクリックした時、赤文字で「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と表示されます。これは、WordPressインストール前にドメインにアクセスした際に表示される「このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません」という文言を表示したページを削除するという意味ですので問題ありません。
WordPressインストール15
「WordPressのインストールが完了しました。」というメッセージと、管理画面情報が表示されます。必要な情報なので、必ず控えておきます。完了したら、「戻る」をクリックします。

WordPressインストール完了を確認する

WordPressのインストールが完了しているか確認します。
WordPressインストール17
「インストール済みWordPress一覧」タブをクリックし、設定対象ドメインに取得した独自ドメインが表示され、サイト情報が表示されていることを確認します。
WordPressインストール17
設定したドメインにアクセスし、最初の投稿画面が表示されていることを確認します。表示されていれば、WordPressのインストールは無事完了です。
Kumagoro
Kumagoro

ついに自分のブログが表示された!!感動です!!

yome
yome

まだ1件もブログ書いてないじゃない!まだまだこれからよ!

WordPressのインストールが完了し、これでブログが書ける状態になりました。しかし、最初の投稿画面を見るとわかるように、まだまだ閑散とした焼け野原状態です。次からは、記事を書く前に、最初にやっておくべきWordPressの設定をしていきます。

WordPressをインストールしたら最初に必ずやっておくこと
WordPressをインストールしてブログを書き始める前に、まずはいくつかの設定をやっておきましょう。ブログを始めてしまってからはなかなか修正しにくい設定もあるので、優先的に実施しておくと、後からの運用がとても楽になりますよ。

コメント