【B’zイラスト】メロイックサインポーズのB’z稲葉さん!

【B'zイラスト】稲葉浩志 B'zイラスト
Kumagoro
Kumagoro

B’z稲葉さんのイラストを、最近はまっている鉛筆画に着色するタッチで描いて見ました!

yome
yome

これ、今年の稲葉さんの誕生日記念に描いたイラストよね。

稲葉浩志(B'z) (2019.09)

稲葉浩志(B’z) (2019.09)

【B'zイラスト】祝!B'zデビュー31周年&32年目スタート!
2019年9月21日、B'zはデビュー31周年&32年目スタートの日を迎えました!!昨年30周年でイベント目白押しだったにもかかわらず、31周年でも変わらず前に進み続けるB'z!今年のライブのサポートメンバーを含めた記念イラストを描きました。

稲葉さんイラストメイキング

自分の今後の備忘を兼ねて、今回の稲葉さんイラストのメイキングを残します。

制作環境

制作環境は以下の通り。iPad miniで描いて、Macで仕上げます。

  • iPad mini(第5世代)+ Apple Pencil(第1世代)+ Procreate (4.3.9)
  • MacBook Pro (13-inch Mid 2012) + Photoshop CS5 + MediBangPaint
デジタルイラストを始めるならiPad mini5+Apple Pencilが超おすすめ!
デジタルイラストを始めよう!と思った時、何を揃えればいいのか迷ったことはありませんか?そんな人には「iPad mini(第5世代)」と「Apple Pencil」、そしてイラストソフトに「Procreate」をお勧めします。

下書き

iPad miniProcreateで、新規キャンパスを開きます。

ワタシはいつも「A4(210×297mm)」のプリセットキャンパスを選択します。これで2480×3508px300dpiですのである程度の解像度のイラストが描けます。

このプリセットを選択するとiPad mini5だとレイヤーが最高で26枚しか使用できませんが、似顔絵程度であればこのぐらいで大体は間に合います。

稲葉浩志(B'z) (下書き)

下書きを描く

下書きの線画の描き方については色々やり方はありますが、ワタシの場合は参考にする写真を見ながらざっくりアタリを取りながら描いていきます。

また、今回下書きで使用するブラシは鉛筆ではなく製図ペンです。これは、不透明度を下げてペン入れをする時に、鉛筆では線が確認しにくいため、しっかりとした線を描きたいからです。

ここでは大雑把に描きながら、パーツを拡大縮小したり移動したりしてバランスを整えていきます。

ペン入れ

下書きが完成したら、ペンを入れていきます。

稲葉浩志(B'z) (ペン入れ)

ペンを入れる

下書きのレイヤーを不透明度を下げて薄くします。その上に新規レイヤーを作成し、ペンを入れていきます。

鉛筆画風の線画を描くので、「鉛筆(6B)」のブラシでペン入れをしていきます。多少のはみ出しは気にせず、太めの線でガッシガシと描くのが好みです。

陰影入れ

次に陰影を入れていきます。

稲葉浩志(B'z) (陰影付け)

陰影をつけていく

レイヤーを新規作成し、その上に陰影を入れます。使うのは「鉛筆(6B)」のブラシです。

ここがApplePencilの真骨頂ですが、画面上でペンを寝かせて描くと、紙に鉛筆でデッサンするのと全く同じ感覚で、薄く、広く、段階的に陰影がつけていけます。

稲葉浩志(B'z) (陰影付け2)

モノクロ着色をする

Tシャツの色は黒でいくので、陰影をつけながら黒く塗っていきます。その上に、「兵」の文字を「チョーク」のブラシでうまい具合に入れていきます。

着色

ペン入れが完成したら次は着色です。

稲葉浩志(B'z) (着色)

色をつける

まず、この時点で透明レイヤーに線画が描かれている状態なので、レイヤーを1枚新規作成し、後ろに色が透けてしまわないよう「モノライン」のブラシで色付けする部分に白を塗って隠蔽します。

線画の段階でかなり陰影付けをしてあるので、薄く色付けしていくだけにします。特に今回はあまり色数を使わないので、肌色と髪の部分をそれぞれレイヤーを新規作成して塗っていきます。

着色ははみ出しはあまり気にせず、後ではみ出した部分を「モノライン」もしくは「ソフトエアーブラシ」の消しゴムで消していきます。この時、背景色を薄いブルーなどに変えておくと、はみ出した部分がわかりやすいです。

仕上げ

最後に仕上げをします。

稲葉浩志(B'z) (着色2)

着色後の陰影付けをする

仕上げは肌色の部分に影になる部分に濃い色光が当たる部分に薄い色を乗せて、色合いを立体的にしていきます。この時、肌色を塗ったレイヤーの上に1枚レイヤーを新規作成し、「マスクをクリップ」しておきます。これで、下に塗った肌色をはみ出さずに追加の色を乗せる事ができます。また、やり直しも簡単になります。

完成

稲葉浩志(B'z) (2019.09)

稲葉浩志(B’z) (2019.09)

背景色を入れ、ロゴサインを入れて完成です。

ワタシの場合はサインは毎回コピーペーストして入れられるように、いくつかの色とサイズ、あとフチありなしのいくつかのパターンを用意しておきます。

また、タイトルロゴに凝りたい時には、色々な面白いフォントが充実しているMediBangPaintへ持って行ってロゴ入れします。

Kumagoro
Kumagoro

iPad mini 5とApple Pencilだからこそできる、紙を一切使わないでも鉛筆で描いたアナログ絵のように見えるこの描き方、結構楽しいので、どんどん描いていきたいです!

yome
yome

とか言いながら、最近全然絵描いてないだろこのグウタラ!!

コメント